News

2018年期シーエー・モバイルの役員体制変更を行いました。

シーエー・モバイルには独自の経営組織体制変更制度が存在します。

その名も『CAM1(キャムワン)

1年に1度、経営チームの見直しを行い、その時々の会社の経営に最適な取締役を選抜し、任命するものです。長い歴史の中で毎年行われてきたCAM1ですが、今年は『CAM7』という新たな執行役員制度を導入しました。

今後、経営テーマを『全社経営』と『事業経営』に切り分けて、将来に向けた全社に関わる経営体制の構築と、各事業運営に深く切り込んでゆく体制の両軸で進めていきます。

『全社経営』においては、中長期的な戦略を描き、それに基づいた「新しい事業づくり」や「思い切った抜本的な事業改革」を進めていきます。一方、『事業経営』においては、これまで6名で事業執行を行っていたものを、今回のCAM7導入により12名の事業執行体制にしました。この執行体制強化により、担当事業執行に専念し、集中する事業経営人材が増員されることとなり、圧倒的な当事者意識を持って事業の意思決定と実行に臨んでいけると考えています。

CAM7が加わることで、事業・職務・職種・世代・性別・経験等の垣根を越え、視界を広げた経営判断が取締役会において可能になると考えます。そして、定期的に実施される取締役会に、より現場と近いCAM7メンバーが参加しオープンに共有することで、経営の透明性を高め、広く皆さんに関心を持っていただける経営体制になると確信しています。

これを機に、シーエー・モバイルの事業成長と企業価値向上につながる意思決定と、その実行をより加速させ、社員一丸となって「互いの成長を楽しむ」組織にしていきたいと考えています。

お問い合わせ先

株式会社シーエー・モバイル 広報室

E-Mail:pr@camobile.com

アーカイブ表示